このページの本文へ
熱水土壌消毒について
HOME -> 熱水土壌消毒について
熱水土壌消毒について

熱水土壌消毒とは

連作土壌病害虫対策・塩類集積土壌の改善に

高温の熱水を土壌に注入する消毒法です。注入された熱水は、地中を浸透してゆき、地温を上げます。 土壌中に生息している病原菌や有害線虫、害虫、雑草 種子等は、熱の力で死滅します。比較的低温でも長時間接触させれば、有害微生物は駆除できます。フザリウムの場合、65℃1分、50℃で8時間、45℃で48時間で死滅するといわれて います。

熱水土壌消毒の特徴

  • 土中深部までの昇温が可能。
  • 塩類集積土壌の除塩効果。
写真:処理区と無処理区の違い
セルリー萎黄病

熱水消毒は土壌のリフレッシュ効果が大きく、作物の生育が旺盛となり、収量の増加、生育の均一化などが期待できます。

 

熱水土壌消毒の手順(チューブ式の場合)

手順1 圃場を深く耕起写真:圃場を深く耕起 手順2 耕起後の圃場に10分岐ヘッターを設置し、散水チューブを取り付け写真:耕起後の圃場に10分岐ヘッターを設置し、散水チューブを取り付け
手順3 約30cmに散水チューブを設置写真:約30cmに散水チューブを設置 手順4 散水チューブの先端を固定写真:散水チューブの先端を固定
手順4 シートで圃場全体を被覆写真:シートで圃場全体を被覆 手順6 90℃以上の熱水を連続供給写真:90℃以上の熱水を連続供給
       

熱水土壌消毒の手順(ウィンチ式の場合)

手順1 圃場を深く耕起写真:圃場を深く耕起 手順2 散湯機を設置写真:散湯機を設置
手順3 牽引ウィンチを設置写真:牽引ウィンチを設置 手順4 シートで被覆写真:シートで被覆
手順4 湯漏防止対策写真:湯漏防止対策 手順6 終了直後の様子写真:終了直後の様子
       

熱水土壌消毒機

熱水土壌消毒機 連作土壌病害虫対策、塩類集積土壌の改善に。 写真:熱水土壌消毒機

BW-35型・BW-60型の特徴

  • 各種安全装置により無人運転が可能です。
  • 缶体内メッキ仕様のため、腐食に強く、サビ等による散水チューブの目詰まりの心配もありません。
  • 消毒温度を任意に設定できます。
  • 独特の缶体構造と温調装置により出湯温度・水量ともにバラつきがなく安定しています。
  • 無圧開放型ボイラでの安全性が高く、ボイラの関係法規の適用や取扱い者の資格等一切不要です。

ページの先頭へ戻る