このページの本文へ
蒸気土壌消毒について
HOME -> 蒸気土壌消毒について -> 蒸気散水土壌消毒について
蒸気散水土壌消毒について
防除効果、防塩効果を更にアップ

蒸気消毒後に1m2あたり20〜50L散水することで、蒸気消毒効果のアップが期待できます。熱水消毒向きの作物で、水源確保が困難な場合や傾斜地の場合などにおすすめの土壌消毒法です。図:蒸気散水土壌消毒

「蒸気散水法」は当社が特許取得済みの技術です。

蒸気散水土壌消毒の特徴

  • 土中深部までの昇温が可能。
  • 蒸気消毒よりも除塩効果が高い。
  • 散水量が熱水消毒と比較して少量な為、土の団粒構造を壊さず、しかも、畝立てしたままでの消毒が可能。

蒸気散水土壌消毒の手順

手順1 ホース設置写真:ホース設置 手順2 ホース写真:ホース
手順3 シート被覆写真:シート被覆 手順4 蒸気放出写真:蒸気放出
手順5 蒸気充満写真:蒸気充満 手順6 防水バルブ写真:防水バルブ
手順7 散水写真:散水 手順8 シート除去直後シート除去直後
参考資料
蒸気+散水区と蒸気区との温度の比較

下図のように散水開始後表30cmの地温が急激に上昇し、蒸気+散水区と蒸気区との深部における温度差が顕著に見られます。

図:蒸気+散水区と蒸気区との温度の比較

ページの先頭へ戻る